2012年06月30日

体重と部屋の関係

ものすごく、久しぶりに
体重計にのった。

記憶にある数字より
1キログラム、増えていた。

BMIも、増えた。
体脂肪も増えた。

シーフードベジタリアンの
生活をしていたから
「お肉を食べていないから
太らないもんね」と
気を抜いていた。


でもね、最近、全然、筋肉を
作っていない。
運動も怪しい。

パソコンに向かって
仕事ばかりしていた。

良く見ると
自分の部屋が
散らかっている。

テレビの上も
ほこりだらけ。
今朝、あわてて
ちょこぶきぞうきんで
拭いた。。。


私の場合、
身体の脂肪と
部屋のほこりと
散らかり具合が
正比例しているように
感じる。


「部屋はあなたの頭に中と同じ」と
言った人がいたけど
私の場合は
私の「身体の中と同じ」と
言えるのかもしれない。

断捨離していたときは
緊張感が
常にあったように思うな。

いい意味で
緊張感があると
身体もちゃんと動かすし
日々の掃除も
こまめにできていたかも。


さぁて
そろそろ
ダイエットするか。

部屋の事にも
気を配って
無駄なものは
捨てて行こうか。
ついでに
むだな
脂肪も捨てて行きたい。


まなみさんの
ソフトを
初心に帰って
一から復習しようかな。

こまめに
身体を動かせば
部屋のごみも
身体の脂肪も
きっと減るに違いないと
信じて。



posted by 幸枝 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

倉庫のことと、アメリカのアクセスが多かったブログのご紹介

ご無沙汰しています。


3LDKのマンションに引っ越して
4ヶ月と12日。。。。


快適に暮らしているのですが
問題点が浮上しました。


一ヶ月、1万円で借りている倉庫。。。

やっぱり
もったいないのではないかと
思い出しているのです。


倉庫といっても
二間の部屋を
倉庫としてだけ使ってくださいという設定。。。

トイレの配水管が
微妙で
もし、水を流せば
水道管が破裂してしまう可能性があるらしく
下水道はいっさい
使わない約束で借りています。


ですから
倉庫に片付けに行っても
トイレが使えず
長居できません。
近くのコンビニを利用するか
携帯用トイレを持参するかです。

電気も申し込んでいないので
昼間の明るいうちしか
探し物ができません。

それと
このまえ、1時間、整理で
倉庫にいたのですが
ノミにかまれてしまいました。


ほとんど
不用品がおいてある倉庫に
毎月1万円も払っているのが
無駄なような気がしてきました。


実際、倉庫のものがなくても
不便なく暮らしています。


ただ、倉庫のものを
全部捨てるとしたら
また、7〜8万円はかかってしまうかもしれません。

家庭ごみとして
こまめに捨てた場合は
どれくらいで
すむのか・・・

そのときは
毎回ごみ捨てに通う交通費が
ばかになりません。


毎月1万円を
何年も払い続けるより
さっさと
7〜8万円かけてでも
一気に処分してしまったほうが
長い目で見て
経済的なのかもしれませんが。。。



ただ、それに
ふんぎれない理由がひとつ。
倉庫には
母の思い出の品が
数多くおかれているのです。
実生活に
必要はないけれど
捨てるにはしのびないものが
たくさん。

父の絵(父は画家でした)も
20点ほど置かれています。

ほんとうに
どうしようかなぁ。。。。


ところで
話題は
変わりますが
英語バージョンで
書いていたブログhttp://rever49.blogspot.jp/
アクセス解析を見ると
なんと
日本人より
アメリカ人のほうが
多かったのです。
700人以上の
アメリカ人が
見に来てくれていました。

びっくりしました。

まなみさん、ゆくゆくは
海外進出しても
いけるのではないでしょうか。

ソフトの
英語版を
つくって
売り出してみては
どうでしょうか?

アメリカにも、勝間まなみさんのアドバイスを沢山、必要としている人がいるような気がします。
勝間流メンタル片付け収納術





人気ブログランキングへ
posted by 幸枝 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

さようなら、生活保護課

セイカツホゴを
受けていたわけでは
ないのですが
失業者のための
住宅支援を受けていたため
セイカツホゴカに
通っていました。





もし、母の家が売れるという
アクシデントがなければ
4月まで、支援を
お願いするところでした。

母の家が突然、売れて
新しい住居へ
引っ越すことになり
ついでに
私たちも同居することに
なりました。

これで
家賃の心配が
なくなりました。
有難いことです。


そういうわけで
昨日、最後の挨拶に
行って来ました。

セイカツホゴ2カ、
というところです。




「今までありがとう
 ございました。」

「お元気で」





にこやかに
挨拶を交わしを
セイカツホゴカを
あとにしました。




その後、
何年かぶりに
リッチな外食を
してきました。

名目は
「銀婚式のお祝い」です。
一か月後、結婚25周年の
記念日を迎えます。

その前祝い。。。という
ことにしました。



やっぱり
もう、ホゴカに通わなくて
すむということが
嬉しかったのだと
思います。


やっぱり
思い出すと
しんどかったなぁ。


この区の区役所には
健康保険の減額、
国民年金の減免など
いろいろ、通いました。


でも夫も
今年の暮れから
年金がもらえるように
なります。

やっと
楽になる。。。。



明日、引っ越す新居は
中央区にあります。
便利なところです。

生活水準は
今までと
ほとんど
変わらないけれど
気持ちの置き場所を
変えることにしました。

「しあわせ」という状態を
心の定位置にします。

最低レベルを
「ちょっとしあわせ」とし
次は
「少ししあわせ」
そして
「とてもしあわせ」
さいごは
「最高にしあわせ」。




不幸は
ノウカウントです。


不幸っぽい日が続いても
ちょっとしあわせなことを
必ず、さがして
楽しむことに
してみます。
(今もしています)



セイカツホゴカ。。
一生、縁がないと
思っていたのに

住宅手当を
出しているところが
ホゴカだったばかりに
7か月ほど
月2回
通いました。

でも、いろいろな
経験ができて
きっと
私の人生のためには
よかったのだと
思います。



もう一度、
言わせてね。

さようなら、
セイカツホゴカさん。








posted by 幸枝 at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。