2013年05月09日

片付け事情

今年に入ってから
お片づけの仕事をしています。

私のお片づけの
仕事のモットーは
住んでいる人が
「気持ちよく、便利に暮らせる空間」づくり。


片づけが
苦手な人が
どうやって
快適に暮らすことができるか。。。

ものをなくしやすい人が
探し物を
減らすことができる収納方法。

そして
なるべく
散らからずにすむ家具配置。

朝、めざめたときに
「今日も一日
楽しもう!」と思える部屋作り。

まず、聞くことは
「あなたは、どうしたいですか?」ということ。

お片づけの
本には載っていないような家具の配置でも
「ここがいい」と思えば
そこが一番、その方にとっての
適所であると思います。

そしてまた
「この空間で、
見ていていやな気分になる家具はありますか?」と
聞くこともあります。

自分の自由にできる空間から
好きじゃないものを
はずすだけでも
快適な空間に早代わりしたりします。

マイナス感情を引き起こす家具を
なくしていったあと、
今度はその部屋に
何をプラスしていくか。。。。

ここからは
楽しいワクワクの時間が
始まります。


お金をかけなくても
できる事はたくさん。

それを
ひとつひとつ
丁寧に
実現していくのが
私の仕事です。





posted by 幸枝 at 19:34| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

御無沙汰していました。

3LDKのマンションに住み始めて
あと一月で
1年になります。


母の家具は
今、居間と和室に集中しています。


最近、
私の仕事部屋にあった
大きな家具を
母の住居に
移動しました。


広くはなりましたが
がらんとした部屋。


ここから
この空間を
どう居心地の良い空間に
変えていくか。。
思案中です。


今、あるのは
パキラの大きな鉢植えと
ガジュマルの鉢植えです。

あとは
乾燥を防ぐために
濡れた布をかけておく衣桁(いこう)。

一番、存在感があるのは
クリスマスプレゼントに娘からもらった間接照明です。とっても癒されています。
HOLMO フロアランプ [イケア]IKEA(50184172) / イケア
posted by 幸枝 at 15:02| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

部屋が私を変える?

まず、ダイエットのご報告。
体重はあまり変わりませんが
体脂肪が変わってきました。
3.3%減少です。

甘い物を食べなくなったことが
大きいかもしれません。
間食に甘い物を
買わなくなりました。

寝る前の空腹時にも
甘くない、カロリーの低い物を選んでいます。
20分の食事時間は
今だ、努力中です。
早食いの私にとっては
本当にむずかしいです。


ところで
今、私は部屋の模様替えに
真剣にとりくもうと
しています。

自分が住んでいる部屋が
自分の心に
与える影響を
利用しようとしています。

部屋は
寝て、食べるという生活の必要最低限の
要素だけではないと知ったからです。

たしかに
暮らしている場所は
心に影響を与えます。
我が家の収入がゼロだった頃
はからずも5LDKの一軒家に
住んでいました。
定職がなくて
そこの家しか借りれなかったからです。
玄関の前には
小さな庭もあり
家庭菜園ができました。

夫が失業中で
不安な毎日ではありましたが
それでも
その家で暮らしていると
自分の家にお金がないことを
忘れていることができました。

食べるものさえ
ギリギリの状態の中でも
お茶を楽しみながら
娘とゆったりとした時間を持てました。
そんな中で
夢を語る余裕も
生まれていました。


今、私は3LDKの
マンションで暮らしています。

部屋の全体的な広さは
5LDKのときには
及びませんが
内装が新しいことと
便利な場所に住んでいるという
メリットが
部屋の狭さを補っています。


なんとなく
これでいいかなぁと
思いつつ、暮らしてきた半年ですが
もう少し、向上心を持つことにしました。


今、興味をもっていることが
ルームセラピーという内容です。
部屋を自分の夢をかなえる魔法の箱に
変えるというセラピーです。


まず、その一歩として
不用品を探し出し、処分します。

不要か否かを決めるネックは
「夢をかなえた自分を想像して
その自分が持っていない物」が
何かを考えるということです。

これから
十日くらい(自分の目標)で
どれくらいの片づけができるか
楽しんで片づけてみます。





posted by 幸枝 at 07:52| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得