2015年01月19日

20ヶ月ぶりの更新です。


2013年から8月から
2015年1月まで
自宅の外にセッションルームを持っていました。
自宅は物置のない3LDKから
物置のある3LDKに引越し
暮らしておりました。

自宅の外に持った、
独立したセッションルームは
仕事をするのには
快適でした。

けれど
これからは
また、工夫のしがいのある
難問に挑戦します。

自宅にセッションルームを移します。
そしてセッションルーム兼茶室にしようと思っています。

その部屋は
夜は私の寝室にもなる部屋作りを
していこうと思います。

暖房も問題なのです。

結露防止のため
格安なポータブル灯油ストーブが使えません。
設備的にはガスストーブを
付けられるようになっているのですが
ガスストーブを買うのも
ちょっと。。。。

電気ストーブを使ったとしても
北海道の冬は
電気ストーブだけでは
部屋が暖まりません。

困ったものです。

それなら
いっそのこと
自宅のリビングを
セッションルームにするという手も。。。

そうなると
もっと難問が出てきます。

流しや食器棚のある生活感いっぱいの
居間を
どう客間にするか。

4年前に
2LDKに引っ越したときと
同じような工夫をしなくては
ならなくなります。

うーん、
難しい。


収納アドバイザーの卵の友人の
知恵もいっぱい借りたいと
思っているところです。(^^)



posted by 幸枝 at 21:38| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。