2012年02月14日

さようなら、生活保護課

セイカツホゴを
受けていたわけでは
ないのですが
失業者のための
住宅支援を受けていたため
セイカツホゴカに
通っていました。





もし、母の家が売れるという
アクシデントがなければ
4月まで、支援を
お願いするところでした。

母の家が突然、売れて
新しい住居へ
引っ越すことになり
ついでに
私たちも同居することに
なりました。

これで
家賃の心配が
なくなりました。
有難いことです。


そういうわけで
昨日、最後の挨拶に
行って来ました。

セイカツホゴ2カ、
というところです。




「今までありがとう
 ございました。」

「お元気で」





にこやかに
挨拶を交わしを
セイカツホゴカを
あとにしました。




その後、
何年かぶりに
リッチな外食を
してきました。

名目は
「銀婚式のお祝い」です。
一か月後、結婚25周年の
記念日を迎えます。

その前祝い。。。という
ことにしました。



やっぱり
もう、ホゴカに通わなくて
すむということが
嬉しかったのだと
思います。


やっぱり
思い出すと
しんどかったなぁ。


この区の区役所には
健康保険の減額、
国民年金の減免など
いろいろ、通いました。


でも夫も
今年の暮れから
年金がもらえるように
なります。

やっと
楽になる。。。。



明日、引っ越す新居は
中央区にあります。
便利なところです。

生活水準は
今までと
ほとんど
変わらないけれど
気持ちの置き場所を
変えることにしました。

「しあわせ」という状態を
心の定位置にします。

最低レベルを
「ちょっとしあわせ」とし
次は
「少ししあわせ」
そして
「とてもしあわせ」
さいごは
「最高にしあわせ」。




不幸は
ノウカウントです。


不幸っぽい日が続いても
ちょっとしあわせなことを
必ず、さがして
楽しむことに
してみます。
(今もしています)



セイカツホゴカ。。
一生、縁がないと
思っていたのに

住宅手当を
出しているところが
ホゴカだったばかりに
7か月ほど
月2回
通いました。

でも、いろいろな
経験ができて
きっと
私の人生のためには
よかったのだと
思います。



もう一度、
言わせてね。

さようなら、
セイカツホゴカさん。








posted by 幸枝 at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。